九州大学 国際宇宙天気科学・教育センター

概要

国際宇宙天気科学・教育センターについて

センターの目的

宙空とは?

太陽から地表までは、太陽風に支配された太陽圏、地球地場と電離プラズマに満たされた電磁圏、大気におおわれた大気圏の3圏から構成されています。宙空とは一般的に地表から大気圏、電磁圏までの領域を指します。

センター概要

当センターは、学内共同研究施設として、宙空環境変動(宇宙天気)の予報や宇宙ゴミの警報などの実用化に向けた、新しい宙空環境科学の創成のための調査研究を行うことを目的としています。

当センターの業務は以下の通りです。

  1. 最新のグローバルな地上ネットワークシステムを用いた、宙空環境の変動(宇宙天気)の予測に関する観測研究
  2. 宇宙デブリ(宇宙ゴミ)の観測システムの開発や宇宙ゴミ分布地図による数値解析と警報に関する研究
  3. 地上プラズマ実験室における宙空環境プラズマ現象の模擬実験及びそれらの各種計測法確立の為の研究
  4. 宙空変動現象の四次元(時間空間)的な総合データ解析に基づく、新しい複雑系及び複合系物理学の創成
  5. 宇宙天気予報・宇宙デブリ警報に関わる研究成果の社会への還元・普及

宙空環境観測部門

宙空環境模擬実験部門

総合理論解析部門

宇宙災害予測部門

センターの研究課題